第5期 BRAVE2019 開催レポート
2020年10月30日

 

開催場所 日本橋ライフサイエンスビル201
プログラム期間 2019年7月20日~2019年9月20日
採択チーム 14チーム(応募数60件)
募集領域 AI、アグリ、エレクトロニクス、医療機器、材料、創薬等

キックオフからピッチ大会までの間、各チームはメンター、パートナー企業や、Innovation Leaders Programに参加する経営サポート人材と共にビジネスプランを磨き上げました。
メンターとして、ベンチャーキャピタリスト、弁護士、弁理士、医師、現役の事業会社社員、起業経験者、投資経験者、製薬業界出身者、規制機関の出身者等の専門性が高く、ベンチャー支援の経験が豊かな方々にご参画いただきました。
パートナー企業様には、各チームへのフィードバックだけでなく、ネットワークの提供、副賞・リソースの提供等、様々なサポートを提供いただいています

  • 7/20

    KICK OFF

    【講演・パネルディスカッション】
    講演者:BRAVE卒業生である、Optoskinチームの山口様、Smart-Rehubチームの牛場様
    内容:BRAVEでの体験談やBRAVE卒業後の事業成長について
    【ピッチ】
    経営人材とのマッチングのため、各チームによるピッチが行われました。

  • 8/3, 4

    研修プログラム

    キックオフから2週間後の研修プログラムでは、5件の講演とメンターによるメンタリング、各チームのピッチ練習が行われました。

    ▼講演者の方々

    • 東京大学東京大学産学協創推進本部 FoundX および本郷テックガレージディレクター 馬田隆明様( https://twitter.com/tumada )
    • マイクロ波化学株式会社 ( https://mwcc.jp/ )代表取締役社長 吉野 巌 様
    • 大野総合法律事務所 弁理士 森田裕様
    • Beyond Next Ventures株式会社取締役 植波剣吾
    • Beyond Next Ventures株式会社マネージャー 金丸将宏
  • 7/20~9/20

    メンタリング期間

    キックオフからピッチ大会までの間、各チームには経営人材が加入し、専属メンターからのメンタリングの他、パートナー企業からのサポート受け、ビジネスプランを磨き上げました。

  • 9/20

    ピッチ大会

    ピッチ大会では、150名以上のオーディエンスのもと14チームのピッチが行われました。厳正な審査のもと、優秀な成績を収めたチームに各種賞が授与されました。

入賞チーム

ピッチ大会における、最優秀賞、優秀賞および準優秀賞の受賞チームには、それぞれ200万円、 100万円、50万円相当の事業化支援金が提供されます。各賞を受賞したチームは以下の通りです。

★★★最優秀賞★★★

株式会社iMed Technologies
事業内容:脳梗塞・くも膜下出血の血管内手術支援AI
URL:https://imed-tech.co.jp/

★★優秀賞★★

MEGAN
急性胆嚢炎に対する新たな治療法に必要なデバイス開発

★準優秀賞★

OptMedical
AI技術を応用した高精度な心房細動診断システムの開発

★Beyond Next Ventures賞★

株式会社iMed Technologies

★会場賞★

JOFETチーム
プラスチックや自由曲面上に超高精細電子回路を塗布形成する技術の事業展開

tonoi株式会社
次世代IT処理基盤-HybridCompting-

パートナー賞 受賞チーム

★ライフサイエンス賞★

OptMedical

★弁護士法人内田・鮫島法律事務所賞★

SAgri株式会社
TeamSDT
バイオグルー
STONY

★AZX総合法律事務所賞★

OptMedical

★Innovation Leaders Program賞★

一色範彦様、藤高啓右様、益田周様

同じタグの記事

BRAVEを運営するBeyond Next Venturesでは、
イベントなどの最新情報をお知らせするニューズレターを配信しております

ニューズレターを登録する