高度な科学技術シーズを持つ研究チーム・スタートアップでも
経営人材不足によりうまく事業が立ち上がらないケースがあります。

そこでBRAVEでは文部科学大臣賞も受賞した経営人材輩出プログラム「Innovation Leaders Program」と連携し、独自ネットワークで発掘した経営・事業創出意欲の高いビジネス人材とのマッチングを行います。

BRAVEに参加することで技術シーズに特化したチームビルディングを通じて、事業を加速させることができます。
過去のべ280名以上のビジネスパーソンが参加チームとのマッチングを実現しています。

BRAVEでマッチングできる経営人材

経営者を目指す、20-40代の方、 そしてプロ研究に貢献したいと考える ベテランの方も参加をされています。

将来的には、自らが主体となって起業または創業に参加をすることに興味をお持ちの方が中心です。

理系学部・修士・博士卒者が半数以上。同時に経営を志すMBA卒業生も数多く参加をされています。

\ BRAVEでマッチングを実現 /

インタビュー

  • カーブアウト
    ディープテック特化型アクセラレーションプログラムBRAVEのカーブアウトプログラム

    BRAVE2019参加

    サイトロニクス株式会社 CEO

    今井 快多様

    SEED

    東芝発カーブアウトベンチャー

    BRAVEには2019年に参加しました。多彩なILPの方々と一緒になって事業計画を急速にブラッシュアップできたあのアツい夏を懐かしく思い出します。同時に、中間ピッチや最終ピッチで他のチームの皆様と切磋琢磨できたのも、自分たちの事業を客観的にみる良い機会でした。私たちのような大企業の中のチームにも大変おすすめです。

  • カーブアウト
    BRAVE_カーブアウト_デンソー

    BRAVE2018参加

    自動車部品メーカー発カーブアウトベンチャー・医療IoTスタートアップ

    代表取締役社長兼 CEO

    SERIES A

    資金調達額非公開

    Beyond Next Venturesが主催するプロジェクトBRAVEへの参加が契機となり、カーブアウト企業の社長になりました。カーブアウト元企業の担当者とともに、事業化を検討したことがきっかけです。研究開発シーズの中には、大企業が展開するよりも、圧倒的な機動力をもつスタートアップで新技術の実用化を進めたほうが良いケースがあります。BRAVEは日本の大企業の中に多く眠っている将来有望なシーズにぜひチャレンジしてほしいプログラムです。

サポートメンバー

SHOTA SAGIYAMA
鷺山 昌多
執行役員/HRグループマネージャー

中央大学商学部卒業
2002年4月 クイック入社。ネット事業会社に出向し、新規事業を担当。
2007年2月 東京海上日動キャリアサービス入社。人材紹介部門にて経営人材サービスのサービス企画を担当。大学発ベンチャーの人材支援を立ち上げる
2017年1月 当社参画

HIROKI MIKUNI
三國 弘樹
組織成長支援マネージャー

武蔵大学経営学部卒業
2012年4月 JAC Recruitmentに入社し、製造業を中心に担当し、若手・中堅と担当。
2017年エグゼクティブ部門に異動し、ベンチャーキャピタルの投資先の経営幹部の採用に関わる。
2019年エグゼクティブ部門のマネージャーとして勤務
2020年10月 当社参画。支援先の組織成長支援を行う